西宮市 ふじもと眼科|目の病気と治療 ドライアイ

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
目の病気と治療
ドライアイ
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科目の病気と治療 > ドライアイ
ドライアイアイコン

ドライアイ

区切り画像

リストアイコン涙は2~3層

涙は瞬きにより目の表面に塗りつけられ、その後に目頭側にある上下の涙点から排出されます。

目の表面には目の表面から分泌されるムチンが密に存在して水濡れ性を良くし、このムチン層の上に目尻にある涙腺から分泌される水分層が占め、さらにその上に上下眼瞼のマイボーム腺より分泌される脂質層が覆って水分の蒸発を防いでいます。

涙が出ているイメージイラスト

リストアイコンドライアイとは

長時間パソコンを凝視して瞬きが減ったり、エアコンによって乾燥すると、涙と目の表面に異常が生じるため、ゴロゴロするなどの目の不快感やまぶしいなどの「見にくさ」を自覚します。これがドライアイです。

パソコン、スマートフォンのイメージイラスト涙と目の表面は一方に異常が生じると他方も悪くなるという相互関係にあり、例えば目の表面の炎症により表面の水濡れ性が悪くなると、涙は目の表面に安定できないのですぐに蒸発し、涙が少なくなると瞼と目の表面の摩擦が大きくなって目の表面に炎症が起こります。

リストアイコンドライアイの治療

ドライアイの治療方針は、涙の水分の蒸発を抑えること、涙の水分量を増やすこと、目の表面の炎症を抑えることで、点眼が第一選択です。

近頃登場した点眼(ムコスタ点眼®、ジクアス点眼®)にはムチンの分泌や産生を促し、涙の水分量を増やす効果があり、これらの点眼により改善する症例が急に多くなりました。点眼以外の治療には、副交感神経刺激薬の内服や涙点に栓(涙点プラグ(写真))をして涙を貯める手術があり、これらは涙の水分量を増やす効果があります。

涙点プラグの写真

リンクアイコン一覧に戻る

眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ