西宮市 ふじもと眼科|白内障手術 術後見え方

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
白内障手術
白内障手術後の見え方
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科 > 白内障手術 > 白内障手術後の見え方
白内障手術後の見え方アイコン

白内障手術後の見え方

白内障以外に視力低下を起こす目の病気がない場合、手術後の炎症がおさまってくると、かすみが取れ、ものがすっきりと明るく見えるようになります。また眼内レンズの縁の反射により光の具合によってまぶしく見えることがありますが、慣れてくると気にならなくなります。

ただし、眼底あるいは視神経に障害がある(具体的には、糖尿病、緑内障、ブドウ膜炎ほか)、または眼底の黄斑部に病気がある場合、術後の視力が期待したほど出ないことがあります(加齢性黄斑変性症近視性網脈絡膜萎縮ほか)。

 

片眼だけが見えない状態が長く続いていた場合、手術後にものが2つに見えることがあります(複視)。程度が軽ければしだいに治りますが、治りにくい場合は眼の筋肉の位置をずらす斜視手術が必要になることがあります。

 

また、黒い髪の毛のようなものや粒状のものが目立って見えてきたり、突然出現することがあります。飛蚊症と呼ばれるもので、手術直後から2ヶ月位の間に自覚し、完全にはなくならないのですが、視力には影響しませんのでご安心ください。

単焦点眼内レンズは、ある一定の距離にしか焦点が合いません。したがって、眼内レンズの度数を調整して遠くに焦点を合わせると、近くを見るときにメガネが必要になります。

逆に、近くに焦点を合わせると、遠くを見るときにメガネが必要です。近くあるいは遠くのどちらに焦点を合わせたいか、医師とご相談の上、最良の焦点を決定致します。

白内障手術後の見え方のイメージイラスト

白内障手術の
危険性について

手術の創口から細菌が入り、繁殖する感染症は眼にも起こります。

糖尿病や抵抗力が弱まっている基礎疾患があったり、術後の点眼を怠っていたり、養生を守っていない場合にはまれに起こることがあり、最悪の場合は失明することもあります。

術後2週間以内に急激な視力低下、眼痛、充血などがありましたら、すぐにご連絡ください。

早期に治療する必要があります。

白内障手術の危険性についてのイメージイラスト
眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ