西宮市 ふじもと眼科|結膜手術

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
日帰り手術
結膜手術
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科日帰り手術結膜手術
日帰り手術-翼状片手術アイコン

翼状片手術

リストアイコン翼状片とは

角膜に及んでいる白い膜は翼状片と言い、緩やかに角膜中央へ進行します。

翼状片がある程度進行すると、角膜乱視が大きくなって視力が低下しますので、切除する手術が必要になります。

リンクアイコン瞼裂斑・翼状片を見る

リストアイコン翼状片の手術方法

翼状片を切除するだけでは再発することが多いため、当院では再発をできるだけ防ぐ目的で結膜の一部を移動させて切除した部位を被う手術(有茎弁移植)を併用しています。

有茎弁移植を併用しても再発することがあり、特に60歳以下で翼状片が小さい場合は再発することが多いです。

また再発して進行すれば、角膜乱視がさらに強くなって視力が低下したり、あるいは眼球癒着により眼球運動障害が起こるなど、病態がむしろ悪化することがあります。

リストアイコン翼状片術後

手術後2~3日はゴロゴロした異物感、痛み、充血が起こります。
抜糸は術後5~7日目に行います。

また、入浴は術後当日から可能ですが、洗顔、洗髪は手術当日のみお控えください。

翼状片手術のイメージイラスト

結膜弛緩症手術

リストアイコン結膜弛緩症とは

弛緩した結膜が下眼瞼縁からはみ出すと、下眼瞼縁のスペースを占拠するため涙液が貯まらずに眼表面が乾き、また瞬きするたびに角膜および下眼瞼縁に触れて異物感を生じます。

これを結膜弛緩症と云います。

リストアイコン結膜弛緩症の手術方法3つ

点眼治療にて症状が改善しない場合、弛緩した結膜の余剰分を減らす手術しか有効な治療法がありません。手術には余剰分の結膜を、(1)凝固、(2)縫合、または(3)切除する方法があります。

点眼麻酔を行い

  1. 凝固術の場合:余剰分の結膜を摘んで、凝固して短縮することを数回繰り返します。
  2. 縫合術の場合:余剰分の結膜を角膜から離れた方向に手繰り寄せて強膜に縫い着けます。
  3. 切除術の場合:余剰分の結膜を切除して残った結膜を縫合します。
結膜弛緩症の手術方法3つのイメージイラスト

リストアイコン結膜弛緩症の術後

術後には眼瞼の腫れ、結膜のびらん、浮腫、および出血が生じ、そのため疼痛や異物感が起こりますが、点眼および内服にて1~2週間で除々に軽減します。

(3)の切除術後には、創の離開、肉芽形成が起こることがありますで、洗顔は3日目から注意して行い、眠前の眼帯装用を1週間行い、抜糸は2週間後に行います。

切除術後のイメージイラスト
眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ