西宮市 ふじもと眼科|目の病気と治療 流涙症

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
目の病気と治療
流涙症
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科目の病気と治療 > 流涙症
流涙症アイコン

流涙症

区切り画像

リストアイコン流涙症が起こる仕組み

涙が多くて見にくい、あるいは涙が目尻や目頭から流れ落ちて不快であるなどの症状を流涙症といいます。

流涙症を説明するには、涙の生涯を洗面台に流れる水に例えるとわかりやすいです。

涙は目尻にある涙腺(=蛇口)から絶えず流出し、上下の眼瞼縁(=洗面台)に少しのあいだ溜まり、目頭にある上下の涙点(=排水口)から瞬きごとにポンプで吸い込まれるように涙道(=排水管)へ吸引され、最後に鼻腔内へ排出されます。流涙症はこの洗面台から水があふれ出た状態です。

涙が鼻腔内へ排出されるイメージイラスト 洗面台から水があふれているイメージイラスト

リストアイコン流涙症の原因

洗面台から水があふれる原因として

  1. 冬の冷気にさらされたり、アレルギー性結膜炎にかかるなどして、蛇口からの水が増える、
  2. 白目の表面に張っている結膜が弛んだりして(結膜弛緩症)、涙を貯めるスペースが無くなる(洗面台が極端に浅くなる)、
  3. 弛んだ結膜が排水口を塞ぐ(結膜弛緩症)、
  4. 加齢とともに瞼を動かす筋肉の緊張が衰える、具体的には瞼が下がったり弛んだりすることでポンプの吸引力が落ちる、
  5. 涙道内の分泌物が増加したり、涙道が閉塞することで排水管が詰まることが上げられます。

実際には複数の原因が絡み合っていることが多く、流涙症の最も多い高齢者が冬場に来院されることが多いのは、(2)から(4)がすでにある上に、(1)により洗面台の許容量を超すためです。

リンクアイコン一覧に戻る

眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ