西宮市 ふじもと眼科|目の病気と治療 結膜下出血

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
目の病気と治療
結膜下出血
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科目の病気と治療 > 結膜下出血
結膜下出血アイコン

結膜下出血

区切り画像

リストアイコン結膜下出血とは

白目は結膜という透明な膜で覆われております。

結膜下出血の写真この結膜と白目との間に在る組織の血管が破れて出血した血液が結膜下に貯留すると、白目の一部が真っ赤になります。

これを結膜下出血(結膜出血)(写真)と呼びます。

出血時あるいは出血後に軽度の異物感や違和感を自覚することがありますが、多くは無自覚、無症状で、他人に指摘されたり鏡を見て偶然気づくことが多いです。

リストアイコン結膜下出血の原因

原因として、咳、怒責、重いものを持ち上げるなどの「いきみ」による静脈うっ滞、血液凝固能が低下する薬の服用や肝・腎疾患、打撲などの外傷などがあります。

しかし、問診してもこれらに該当せず、原因が不明なことが多いです。

原因不明な出血の発症は50歳以上が多く、部位は瞼の縁付近に多いことから、加齢に伴って弛緩した結膜が「瞬き」や「こする」等の動作により瞼の縁でよじれて出血するのではないかと考えられています。

同じような機序で、ソフトコンタクトレンズの装用者は脱着時に結膜をよじって起こすことがあり、注意が必要です。

リストアイコン結膜下出血の注意点

結膜下出血の消退を早める薬は残念ながらありません。

多くは1~2週間、長くても3〜4週間で自然に吸収され、後遺症を残さずに治るために治療は特に必要なく、血液がサラサラになるような抗凝固薬(ワーファリン・バイアスピリンなど)を服用していても中止する必要はありません。

一回起こるとニ、三回癖のように起こることもありますが、それでも心配いりません。

ただし出血が止まらずに異常なほど結膜が膨れ上がったり、何度も繰り返し起こるようなら、血小板や凝固因子を著しく消費する病態であるDIC(播種性血管内凝固症候群)などを疑う必要があります。

薬のイメージイラスト

リンクアイコン一覧に戻る

眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ