西宮市 ふじもと眼科|目の病気と治療 瞼裂斑・翼状片

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
目の病気と治療
瞼裂斑・翼状片
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科目の病気と治療 > 瞼裂斑・翼状片
瞼裂斑・翼状片アイコン

瞼裂斑・翼状片

区切り画像

リストアイコン結膜の変性

眼科の外来では多くの方に黒目(角膜)の鼻側あるいは耳側の白目(結膜)に白色~黄白色の隆起物を認めます。

この隆起物が角膜にまで侵入していなければ瞼裂斑(写真)、侵入していれば翼状片(写真)と呼ばれ、ともに結膜の変性によるものです。

瞼裂斑(けんれつはん)の写真
翼状片(よくじょうへん)の写真

 

リストアイコン瞼裂斑(けんれつはん)

一般に多い瞼裂斑は両眼性で、鼻側のほうが明瞭で、ときに色素沈着を認めます。加齢とともに多くみられ、原因として紫外線や瞬き、コンタクトレンズ装用などの慢性的な刺激の関与が考えられます。

瞼裂斑による自覚症状はほとんどありませんが、ときに瞼裂斑自体にアレルギー反応による炎症が生じて、充血、異物感を自覚することがあります(瞼裂斑炎)。

また稀に瞼裂斑が高く隆起すると、隣接する角膜周辺部が極端に乾いて凹みが生じ、点眼治療しても改善しなければ切除も考えます。

美容目的の切除は傷跡が多少残るため、必ずしも満足されません。

リストアイコン翼状片(よくじょうへん)と手術

一方、翼状片はそのほとんどが角膜の鼻側にのみ生じ、片眼だけに認めることも多いです。

翼状片手術後3ヶ月の写真翼状片は血管に富み、緩やかに角膜中央に向かって進行します。

ある程度進行すると視力に影響が出るため、切除する必要があります(術後の写真)。

ただし切除するだけでは再発しやすく、再発すれば眼球癒着などの病態がむしろ悪化するので、再発予防を含めて慎重に行うべきです。

リンクアイコン一覧に戻る

眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ