西宮市 ふじもと眼科|目の病気と治療 弱視

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
目の病気と治療
弱視
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科目の病気と治療 > 弱視
弱視アイコン

弱視

区切り画像

リストアイコン弱視とは

ヒトの眼は生まれながらに良く見えているのではありません。常にものを見ることで視力は発達し、特に1~2歳までにグンと良くなり、6歳にはほぼ完成します。

赤ちゃんのイメージイラスト視力が発達するには目の内面(網膜)にピントの合った鮮明な映像を脳に送り続けることが必要で、もし視力が完成するまでの時期に網膜にピントが合わない状態が続くと、視力の発達は停止し、生涯それ以上の視力が得られなくなってしまいます。

これを弱視といい、片眼でも起こります。

リストアイコン弱視の原因

弱視の原因として、先天性白内障などによる遮蔽、乳児内斜視、左右差の大きい遠視や乱視、強い遠視や乱視があり、この順に弱視は治り難いです。

遠視や乱視による弱視は外見的に判断しにくいために、入学時の視力検査で初めて発見されることもあります。

弱視の原因

(1)先天性白内障などによる遮蔽(しゃへい)

(2)乳児内斜視

(3)左右差の大きい遠視や乱視

(4)強い遠視や乱視

リストアイコン弱視の治療

弱視の治療は弱視眼にピントの合った映像を常に見せることです。遠視や乱視による場合、完全に合わせたメガネを常用させます。

遠視や乱視に大きな左右差があれば、片眼のみしか弱視が治らないことが多く、良い方の眼を遮閉して弱視眼だけで見せる訓練をします。

ただし8歳を過ぎると視覚の感受性がほぼ無くなるため、訓練の効果は期待できなくなります。

また視力や他の視機能が良くなっても、メガネの装用は継続しなければなりません。 メガネの装用を中止して再発した弱視は、年齢的に治すのが困難になります。

めがねをかけた男の子と女の子のイラスト

リンクアイコン一覧に戻る

眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科ツイッター
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科公式インスタグラム

ページトップへ