西宮市 ふじもと眼科|目の病気と治療 飛蚊症

ふじもと眼科ロゴマーク
白内障 緑内障 こどもの近視 オルソケラトロジー
阪神西宮駅すぐ エイヴィスプラザ2F
sitemap
採用情報
お問合せ
0798-37-0808
目の病気と治療
飛蚊症
FUJIMOTO OPHTHALMOLOGY
西宮市-ふじもと眼科目の病気と治療 > 飛蚊症
飛蚊症アイコン

飛蚊症

区切り画像

リストアイコン飛蚊症とは

明るい所で白い壁を見つめると虫や糸くずのようなものが見えるなら、それは『飛蚊症』です。

眼球内には透明なゼリー状の物質(硝子体)がつまっており、物を写す神経の膜(網膜)とくっ付いています。
硝子体内に「濁り」が生じると、眼に入った光はその濁りにさえぎられ、網膜に影を落とします。
眼球の動きとともに揺れ動くこの影が飛蚊症の正体です。

飛蚊症イメージイラスト

リストアイコン飛蚊症の原因と合併症

若年者でも硝子体内の部分的な変化による濁りがあり、視野の中央に数個以上の小さい黒点を自覚することが多いです。

一方、通常50歳以上(強度近視なら若い方でも)の硝子体は加齢とともに液状に変化し、収縮して網膜から外れ(硝子体剥離)、完全に外れると輪状の濁りが生じます(図)。

この時、突然はっきりとした飛蚊症を自覚します。
この硝子体剥離が起こる際に、硝子体と網膜や血管とに強い癒着があると、網膜がひっぱられて網膜が刺激され、視界に光が走ることがあります(光視症)。

後部硝子体剥離のイメージイラスト

網膜裂孔の写真また網膜に孔が開いたり(網膜裂孔)(写真)、血管が切れて硝子体内に出血することがあります(硝子体出血)。

網膜裂孔をそのまま放置しておくと、裂孔から水が入りこんで網膜が徐々に剥がれます。この状態を裂孔原性網膜剥離といい、剥離は拡がっていきます。
網膜裂孔が見つかったら、裂孔の周りをレーザー光凝固術で焼き固めることで網膜剥離を予防します。

もし網膜剥離に進展していても、軽度であればレーザー光凝固術で進行を阻止することができます。
このため、飛蚊症を自覚すれば眼底検査を一度はすべきです。

下矢印

リストアイコン飛蚊症は治るのか?

網膜裂孔がなくても硝子体剥離による飛蚊症は一生残ります。
飛蚊の症状は消えないことを患者に告げると大いに落胆されますが、視覚の中枢である脳がその存在を次第に無視するようで、1ヶ月ほどで気にならなくなります。

リストアイコン急な悪化は再診を

ただし飛蚊症が別次元なほどに急に悪化した場合は出血や裂孔が生じている可能性がありますので、再度眼科を受診してください。

クリニックのイメージイラスト

リンクアイコン一覧に戻る

眼科・白内障日帰り手術・オルソケラトロジー
ふじもと眼科
阪神「西宮駅」 徒歩1分
〒662-0973 
西宮市田中町3-1 エイヴィスプラザ2F
お問合せTEL 0798-37-0808
ふじもと眼科診療時間
採用情報
オンライン診療ご利用いただけます
詳しくはこちら
白内障手術 無料説明会
ふじもと眼科では、白内障手術・多焦点眼内レンズの無料説明会を院内でおこなっています
詳しくはこちら
コンタクトレンズのウインク・リンク
アクセス

西宮駅 南バスターミナル向かいのエイヴィスプラザ2階
(一階はダイエー阪神西宮店)

電車のアクセス案内 阪神電車 西宮駅「戎口」出口より徒歩1分
駐車場のご案内

エイヴィスプラザ地下駐車場をご利用いただけます。

1時間までの駐車サービス券をお渡しいたします。

受付に駐車券をご提示ください。

新着情報一覧を見る
ふじもと眼科フェイスブック
ふじもと眼科ツイッター

ページトップへ